第12回:公共投資の増額と財政赤字の削減、両立を

 2016年も早や1カ月が過ぎようとしている。同年は中国を震源地とした世界的な景気の減速に対する懸念の高まりで幕を開けた。警戒感を強めた投資家は世界各地でリスクが相対的に大きいと見られる資産を大量に売却しており、原油の先物価格が急落しているほか、株価の下げも顕著である。

&nbs...

▲TOPへ戻る