人材

主要8部門の雇用者、約3万人増 16年10月

労働関連法の書式、報告書を合理化 労働・雇用省

インド国立映画・テレビ研究所と提携 キヤノン

物価手当の追加を承認 内閣、公務員と年金受給者に対し

インド女性の社会進出、なお多くの制約 企業、政治などで

物価手当、2%引き上げの見込み 中央政府

技能訓練センター、ハイデラバードに設立へ エアバス

印IT技術者の65%、高度技術の再訓練不能 キャップジェミニ

工場法の適用範囲縮小に反対 労働組合

「工場」の定義、州政府が規定へ 中央政府の工場法改正案

人材育成でプサ工科大と提携 ヒュンダイ

インド、118カ国中の92位 人材競争力ランキング

インドの失業者、今後も増加 ILO

人材派遣業の規制改革を 人材派遣業者団体

主要8部門の雇用者、約2,052万人 16年4月

内閣、賃金支払法改正令を承認 小切手、振込みによる給与支払いを規定

10万人のドライバーを育成へ オラ・キャブズ

技能開発プログラム、10校で新たに実施へ マルチ・スズキ

IT人材の育成・活用でカルナタカ州政府と協定 三重県

チャンディガル・ポリテクニック・カレッジと提携 ヒュンダイ

インドの人材育成プログラムに参画へ ダイキン

職業訓練校、インドに設立へ スズキ

ものづくり技能移転推進の協力覚書、インドと締結 経済産業省

インド被雇用者、雇用契約書なしが多数 労働・雇用省調査

同一職務での賃金格差は違法 最高裁

物価手当の支給を承認 内閣、公務員と年金受給者に対し

政府、アパレル産業での期間雇用を承認 労働組合は反対

ハリヤナ州工場労働者が抗議ストへ 中央政府の労働政策に反対

政府、最低賃金を引き上げ 非熟練労働者の日給350ルピーに

国会下院、工場法改正法案を可決 残業規制を緩和

1 / 3123
▲TOPへ戻る