第7回:経済成長、下ブレの可能性が拡大

 インド準備銀行(中央銀行、RBI)は4日に開いた金融政策決定会合で、大方の事前予想通り、最重要の政策金利である流動性調節制度(LAF)のレポ金利(注)を7.25%に据え置いた。インフレ率の動向をもうしばらく見守るため。インフレの指標として最も重視している全国総合消費者物価指数(CPI)の上昇...

▲TOPへ戻る