第28回:成長の鈍化はオウンゴール

インド政府は8月31日、2017年4~6月期の実質国内総生産(GDP)が前年同期比で5.7%増加したと発表した。成長率は現在のモディ政権が誕生した14年5月以降では最低に低下。低水準の設備稼働率や、事業法人の過剰債務、商業銀行が抱える不良債権の拡大などを背景として、民間企業の設備投資が引き続き...

▲TOPへ戻る