第30回:準備銀の再利下げ、可能性は低く

前回の本稿では、2017年8月の鉱工業生産指数(IIP)が前年同月比で4.5%の上昇と、9カ月ぶりの高い伸びを示したのは、景気の実態を上回っている可能性があると指摘したが、その通りだったようだ。同年9月のIIPは同3.8%上昇に減速。1年前(16年10月)の同5.0%上昇も1.2%ポイント下回...

▲TOPへ戻る