色素タンパクの製造で合弁へ EIDパリー

 印製糖業者大手のEIDパリーは1月31日、ケララ州のシンシート・インダストリーズと合弁会社(JV)を設立すると発表した。単細胞微細藻類のスピルニナから抽出される青色の色素タンパク質「フィコシアン」を生産するため。EIDパリーが持つスピルニナの栽培力と、食物用着色料や添加物に関するシンシート・...

▲TOPへ戻る