クリシュナ川への架橋を受注 ラーセン・アンド・トゥブロ

印総合エンジニアリング会社の大手で、SENSEX株価指数構成企業のラーセン・アンド・トゥブロ(L&T)は12日、アンドラプラデシュ州のアマラヴァティ開発公社(ADCL)から138億7千万ルピーの設計・調達・建設(EPC)契約を獲得したと発表した。アマラヴァティ市内にクリシュナ川を渡る3...

▲TOPへ戻る