公用語全22言語の通訳を用意 国会上院

 ナイドゥ国会上院議長は18日、国会上院はインド憲法で規定された公用語の全22言語の同時通訳者を用意したと発表した。

 ナイドゥ議長は、上院はこれまで12言語の通訳が常駐していたが、新たにカシミーリー語、コンカニ語など5言語の通訳を用意したと述べた。下院から臨時で用意される他の5...

▲TOPへ戻る