太陽光発電機器の関税、進行中案件は免税を 環境・森林省

 環境・森林・気候変動省は、財務省に対して、7月30日に施行された太陽光発電機器への25%の保護関税の対象から、現在進行中のプロジェクトに関連する輸入を除外することを要請している。

 アーナンド・クマール環境・森林・気候変動次官がエコノミック・タイムズ紙のインタビューで話したもの...

▲TOPへ戻る