抗てんかん薬のジェネリック版、米当局が認可 ルピン

 印医薬品メーカー大手のルピンは8月28日、抗てんかん薬の「ガバベンチン」タブレットについて、米国食品・医薬品局(FDA)から販売の認可を取得したと発表した。同社の「ガバベンチン」タブレットはファイザーが製造/販売している「ニューロチン」のジェネリック版(後発薬)。IMSヘルスのデータによると...

▲TOPへ戻る