今年度後半の印成長率、鈍化へ UBS、7.0~7.3%に

 スイスを本拠地とする大手金融サービス企業のUBSは10日、インドの実質国内総生産(GDP)成長率が2017-18年度第1四半期(17年4~6月)の前年同期比8.2%から同年度下半期(18年10月~19年3月)には同7.0~7.3%に低下すると予測した。原油価格の高騰を受けて、インド準備銀行(...

▲TOPへ戻る