約19億米ドル、為替介入で売却 準備銀、7月

インド準備銀行(中央銀行、RBI)が11日付で発表した「月報:2018年9月」によると、同行は18年7月、外国為替の直物(スポット)市場に対する介入を通じて、ネットで18億7,400万米ドルを売却した。4カ月連続の売却超過。米金利の上昇や原油価格の高進、外国資本の流出、米中貿易摩擦の激化などを...

▲TOPへ戻る