埋蔵化石燃料、KG海盆で発見 ヴェダンタ

 印鉱山会社の大手であるヴェダンタ(VEDL)は13日、インド東岸沖合のクリシュナ・ゴダヴァリ(KG)海盆で、新たな埋蔵化石燃料資源を発見したと発表した。場所は同社が100%の権益を保有し、採掘活動を行っている“KG-OSN-2009/3”鉱区内。同社が探査井の“A3-2”を掘削したところ、地...

▲TOPへ戻る