マハン~シパット間の送電線、運用を開始 エッサール・パワー

エッサール・グループの企業で、印民間発電事業者の大手であるエッサール・パワー(EPL)は26日、同社がマハン(マディヤプラデシュ州)とシパット(チャッティスガル州)の間、337キロメートルに敷設された送電線の運用を開始したと発表した。マハン火力発電所(1,200メガワット=MW)から電力を送る...

▲TOPへ戻る