ホンダ、四輪車の印販売は18.8%減 9月、1万5千台

 本田技研工業の印四輪車製造・販売拠点であるホンダ・カーズ・インディア(HCIL)は1日、2018年9月の国内販売(ディーラーへの出荷ベース)が1万4,820台になったと発表した。1年前(17年9月)の1万8,257台と比べて18.8%の減少。同社はまた、18年9月中に545台の車両を海外へ輸...

▲TOPへ戻る