政府への一時貸付金、3,500億ルピーが上限 準備銀、今年度下半期

 インド準備銀行(中央銀行、RBI)は1日、印政府と協議の上、同行による中央政府への一時貸出金(WMA)について、2017-18年度下半期(17年10月~18年3月)の上限を18年10~19年2月は3,500億ルピー、19年3月は2,500億ルピーにすると決定した。貸出の利率はRBIのレポ金利...

▲TOPへ戻る