秋まき農産物の最低支持価格、最大で21%引き上げ 内閣経済委

 インド政府の内閣経済委員会(委員長:モディ首相、CCEA)は3日、6種類の秋まき(ラビ)農産物を対象として、政府が調達する際の最低価格を示す最低支持価格(MSP)を前年比で2.1~20.6%引き上げると決定した。MSPを栽培コストの少なくとも150%に設定するとの2018-19年度(18年4...

▲TOPへ戻る