200MWの電力、バングラデシュに輸出へ PTCインディア

印電力取引の最大手で、国営企業のPTCインディアは10日、今後15年間にわたって、200メガワット(MW)の電力をバングラデシュに輸出するため、同国と新たな契約を締結したと発表した。同電力は短期的には西ベンガル州配電公社(WBSEDCL)、長期的にはミーナクシ・エナジーが設立する石炭火力発電所...

▲TOPへ戻る