自動車用バッテリーの第3工場に着工 アマラ・ラージャ

 アマラ・ラージャ・バッテリーズ(ARBL)は15日、アンドラプラデシュ州のチットールに設立する自動車用バッテリーの第3工場に着工した。同工場は第1期工事の投資額が70億ルピーで、生産能力は1年当たり650万個。同1,080万個まで拡張が可能であり、インドで最大級のバッテリー工場となる見通しだ...

▲TOPへ戻る