750億米ドルの二国間通貨スワップ取極、インドと締結へ 財務省

 日本政府の財務省は29日、日印両国政府が同日、750億米ドルを上限とする新たな二国間通貨スワップ取極(BSA)の締結で基本合意に達したと発表した。金融・経済協力の強化を通じて、両国間の経済・貿易関係をさらに発展させるとともに、金融市場の安定を図る狙い。新しいBSAがインドの金融・投資セクター...

▲TOPへ戻る