ラジャスタン鉱区の契約、10年間の延長 ヴェダンタ

 印鉱山会社の大手であるヴェダンタ(VEDL)は29日、インド政府の石油・天然ガス省がラジャスタン州にある“RJ-ON-90/1”鉱区の生産物分与契約(PSC)について、10年間の延長を承認したと発表した。同鉱区はVEDLと合併したケアン・インディアが原油と天然ガスの採掘を行ってきたところ。従...

▲TOPへ戻る