インドの金宝飾品需要、10.4%増 7~9月、148.8トン

 ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)は1日、インドの金宝飾品需要が2018年7~9月には148.8トンとなったと発表した。1年前(17年7~9月)の134.8トンと比べて10.4%の増加。伸びは3四半期ぶりにプラスへ転じた。1年前は7月1日に物品・サービス税(GST)が施行されるのを控え...

▲TOPへ戻る