秋まき農産物の耕作面積、8.7%減 11月2日時点、849万ヘクタール

  中央政府の農業・農民福祉省は2日、10月に入って作付けの始まった秋まき(ラビ)農産物の耕作面積が同日現在で849万1千ヘクタールになったと発表した。1年前の930万1千ヘクタールと比べて8.71%の減少。モンスーン(雨季、6~9月)の降雨量が6月1日~9月30日の合計で平年を9%割り込んだ...

▲TOPへ戻る