240億ルピーの設備投資へ タタ・ケミカルズ

タタ・グループの化学メーカーであるタタ・ケミカルズ(TCL)は2日、240億ルピーの設備投資を取締役会が承認したと発表した。ミタプル工場(グジャラート州)の生産能力を拡大するため。ソーダ灰の生産能力を1年当たり約15万トン、塩の生産能力を同40万トン、それぞれ引き上げるととともに、二酸化炭素(...

▲TOPへ戻る