自動車部品の新工場、グジャラート州で稼働を開始 豊田合成

豊田合成(本社:愛知県清須市)は6日、インド子会社の豊田合成ミンダ・インディア(TGMIN)が新たに設立したグジャラート州デカワダの自動車部品工場(写真参照)が2018年10月に稼働を開始したと発表した。同工場は土地が約7万5千平方メートルで、建屋の面積は約1万8千平方メートル。従業員数は20...

▲TOPへ戻る