失業率、6.9%に上昇 10月、過去2年間の最高に

 民間シンクタンクのインド経済調査センター(CMIE)は6日、印失業率が2018年10月には6.9%になったと発表した。1カ月前(18年9月)の6.6%と比べて0.3%ポイントの上昇(6.9%-6.6%=0.3%ポイント)。過去2年間の最高水準に達した。インド経済が旧高額紙幣の使用停止措置や物...

▲TOPへ戻る