カリンガナガル製鉄所、第2期工事を開始 タタ・スチール

 印民間鉄鋼メーカーの大手で、SENSEX株価指数構成企業のタタ・スチールは12日、カリンガナガル製鉄所(オディシャ州)の第2期工事を開始したと発表した。生産能力を1年当たり500万トン拡大し、現在の同300万トンから同800万トンへ引き上げるため。自動車用鋼...

▲TOPへ戻る