80人の学生、インドから訪日へ 対日理解促進交流プログラム

日本政府の外務省は28日、アジア・大洋州を対象とした「対日理解促進交流プログラム(JENESYS2018)」事業の一環として、インドの高校生と大学生など、合わせて80人が12月5~12日の日程で訪日すると発表した。一行は「スポーツ交流」、「環境技術」、「科学技術」、「日本語・日本文化」のグルー...

▲TOPへ戻る