株券電子化の期限を19年4月1日に延期 証券取引委員会

 インド証券取引委員会(SEBI)は3日、企業の株券電子化の期限を、従来の12月5日から2019年4月1日に延期すると発表した。

 SEBIは3月28日、12月5日以降、株券が電子化された形態で証券預託機関に保管されていない場合、株式譲渡の請求は処理されなくなると発表した。

▲TOPへ戻る