政府、アーダール法の改正を検討 条件付きで脱退権を規定

 政府は、全市民に生体認証付き個人識別番号(アーダール)登録からのオプトアウト(脱退、登録抹消)の権利を付与するため、アーダール法の改正を計画している。

 最高裁が9月、アーダールの利用範囲を政府の福祉制度の受益や税務申告などに限定し、民間企業によるアーダールの利用を禁止する判決...

▲TOPへ戻る