内閣、農産物輸出政策を承認 2022年までに輸出倍増へ

 内閣は6日、新農産物輸出政策を承認した。農産物輸出インフラの整備、輸出規制の緩和を通じて、2022年までに農産物輸出額を現在の約2倍に増加させる計画だ。

 プラブー商工相は、政府はタマネギなど食料安全保障上の観点から必需品とみなされる作物を除き、ほとんどの有機栽培農産物および農...

▲TOPへ戻る