都市高速鉄道の信号システム、バングラデシュで受注 日本信号

 日本信号(本社:東京都千代田区)は6日、バングラデシュのダッカ都市高速鉄道(MRT)の6号線について、信号システム、AFCシステム、PSDシステムを印総合エンジニアリング会社大手のラーセン・アンド・トゥブロ(L&T)から受注したと発表した。日本信号が供給するのは運行管理装置、電子連動...

▲TOPへ戻る