電子運送状の軽微な誤記載、罰金なし ケララ高裁

 ケララ高裁は、物品の運送の際に取得が義務付けられている電子運送状(e-Way bill)に物品の価額を誤って記載しても、正しい価額に従って税金が支払われていれば、罰金の徴収には至らないとする判決を下した。

 ウッタルプラデシュ州グレーター・ノイダを本拠とする会社が原告の裁判で、...

▲TOPへ戻る