牛保護付加税を承認 ウッタルプラデシュ州

 ウッタルプラデシュ州政府は2日、所有者のいない牛の保護シェルター建設のため、あらたに最大0.5%の牛保護付加税を課税することを承認した。

 ヒンドゥー教色の強い同州政府は就任以来、牛保護政策を前面に押し出しているが、所有者のいない牛が農地に侵入して荒らしたり、自動車と衝突する事...

▲TOPへ戻る