上位カースト対象の留保枠を承認 内閣

 内閣は7日、経済的困窮者を対象に公務員職や学校の入学に10%の留保枠を設ける憲法改正案を承認した。今年前半に実施される国会下院選挙に向けて貧困層にアピールする狙いがあるとみられる。低カーストや部族などへの所属以外の基準による留保枠の設定はこれまで実施されたことはなく、裁判所で争われることにな...

▲TOPへ戻る