タタのモバイル事業、統合を会社法審判所が承認 バルティ・エアテル

 印携帯電話事業者の最大手で、SENSEX株価指数構成企業のバルティ・エアテルは18日、タタ・テレサービシズ(TTSL)とタタ・テレサービシズ・マハラシュトラ(TTML)が行っている消費者向けモバイル事業(CMB)を自社に統合するスキームについて、国立会社法審判所(NCLT)の承認が得られたと...

▲TOPへ戻る