破産・倒産法は合憲 最高裁

 最高裁は25日、破産・倒産法を違憲として廃止を求める複数の請求をまとめて審理する裁判で、同法の合憲性を「その全体において」認め、廃止を求めるすべての請求を拒否した。

 金融機関の不良債権問題解決促進のために制定された同法については、「債務不履行」、「債権者」などの定義、破産処理...

▲TOPへ戻る