今後数年間の成長率、7.0~7.5%へ 経済諮問評議会

 首相経済諮問評議会(EAC-PM)は25日、今後数年間の印実質国内総生産(GDP)成長率が主要国としては最高水準の前年比7.0~7.5%で推移すると予測した。印経済のファンダメンタルズ(基礎的諸条件)は頑健と見ているため。また、構造的な問題に対応する改革が実施されれば、同成長率は容易に少なく...

▲TOPへ戻る