公務員死亡時の家族雇用、権利ではない 最高裁

 最高裁は28日、公務員が在任中に死亡した場合にその家族の一員をなんらかの公務員職に雇用する、温情雇用(compassionate appointment)と呼ばれる慣習は、憲法規定の例外として広く行われているものの、憲法によって保護されるべき権利ではないとの判決を下した。

 裁...

▲TOPへ戻る