国内線の乗客、インドは10.0%増 IATA、12月

 国際航空運送協会(IATA)は7日、インドの国内線乗客(RPK:有償旅客キロ、各区間の旅客数×各区間距離)が2018年12月には前年同月比で10.0%増加したと発表した。各航空会社が国内便を大幅に増発し、輸送力を増強している上、経済の高成長が続いているため、伸びは4年4カ月(52カ月)連続の...

▲TOPへ戻る