新証拠採用で判決見直しへ 最高裁ラファール戦闘機購入不正事件

 最高裁は10日、政府による仏ラファール戦闘機購入で不正があったとするラファール戦闘機購入不正事件の裁判で、購入契約には問題がなかったとした最高裁判決の見直し審を行うことを決定した。

 新たに発見された契約交渉に関する政府文書などを証拠として判決の見直し請求が行われたのに対し、政...

▲TOPへ戻る