総選挙:大政党、低い女性候補比率 全体では8.82%

 公正な選挙実施に取り組むNGO「民主的改革協会(ADR)」の調査によると、現在行われている国会下院議員選挙(総選挙)では、小政党は候補者における女性の比率が比較的高いのに対し、大政党は女性候補の擁立が進んでいない。候補者全体における女性候補の割合は8.82%にとどまっている。

...

▲TOPへ戻る