第41回:日印関係のまとめと考察(その1)

 昔から「三国一の花嫁」という言葉が日本では使われてきましたが、この三国とは日本、中国、インドを指しています。この言葉が生まれた時代は、日本人にとって、日本、中国、インドの3つを指せば、それで世界の全てだったからです。つまり、「三国一の花嫁」と言えば、「世界一の花嫁」という意味だったのです。<...

▲TOPへ戻る