失業率、6.1%に上昇 45年ぶりの高水準

 インド政府の統計・計画実行省(MOSPI)が5月31日付で発表した「定期労働力調査(PLFS)」報告によると、印失業率は2017年7月~18年6月の全国平均で6.1%に上昇した。45年ぶりの高水準。インド経済が旧高額紙幣の使用停止措置や物品・サービス税(GST)の施行に伴う混乱から回復に向か...

▲TOPへ戻る