映画・テレビ産業の児童労働に懸念 労働・雇用省

 労働・雇用省は映画・テレビ産業の児童労働に懸念を示し、映画・テレビ産業を管轄する情報・放送省に産業による児童労働規制法規遵守の徹底を要請した。

 労働・雇用省は6月26日付の書簡で、「映画・テレビ産業において、1986年児童・未成年者労働(規制・禁止)法(2016年改正)および...

▲TOPへ戻る