国会、破産・倒産法改正法案を可決 破産手続き期限を厳格化

 国会下院は1日、2019年破産・倒産法改正法案を可決した。同法案はすでに上院を通過しており、コーヴィンド大統領の承認を経て法律になる見込み。16年に同法が制定されてから3回目の改正になる。

 改正の中心は破産手続き期限の厳格化。同法に基づき開始された破産手続きが長引く事例が相次...

▲TOPへ戻る