データ国内保存義務、RCEP妥結なら変更の可能性 政府は継続に努力

 インド政府が行っている決済データの国内保存義務付けおよび国外移転禁止は、年内の妥結を目指している東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の協議の結果次第で変更が求められる可能性が出てきた。

 インド準備銀行(RBI)は2018年4月、決済会社に対し、オンライン決済に関わるデータの...

▲TOPへ戻る