クダンクラム原発でマルウエア被害 インド原子力公社

 インド原子力公社(NPCIL)は30日、タミルナードゥ州クダンクラム原発のシステムでマルウエアの感染が発見されていたことを認めた。

 NPCILは声明で、「NPCILのシステムでマルウエアが発見されたことは事実。インド・コンピューター緊急対応チーム(電子情報技術省のサイバー・セ...

▲TOPへ戻る