EV駆動用のモーター、インドで製造へ 三井物産

 三井物産(本社:東京都千代田区)は10月31日、世界的モーター製造会社である台湾の東元電機と設立した合弁会社(JV)を通じて、インドのベンガルール(旧バンガロール)に電気自動車(EV)の駆動用および産業用高効率モーターの製造工場(写真参照)を新たに建設すると発表した。総工費は約15億円。20...

▲TOPへ戻る