SMLいすゞ、販売は37.9%減 10月、515台

 住友商事やいすゞ自動車が出資する印商用車メーカーのSMLいすゞ(本社:チャンディガル)は1日、2019年10月の販売が515台になったとボンベイ証券取引所(BSE)に通知した。1年前(18年10月)の829台と比べて37.9%の減少。伸びは5カ月連続のマイナスだったものの、マイナス幅は17年...

▲TOPへ戻る